別にヒーターが壊れたわけではないが、プレコ水槽で使用しているヒーターはコンパクトタイプの300wを使用していたせいか、やや水温の維持が難しくなった感があるので普通サイズのヒーターに戻してやることにした。

PB290009.jpg

ちなみに水温の維持が難しいというのは単にヒーターの表面積の問題で、同じワット数でも表面積が広い方が温まりやすく、水温の変化も少ない。

ついでにヒーターカバーの具合が悪くなってきたので、チャームで新しいヒーターカバーをポチることにした。

コトブキ工芸 kotobuki ヒーター安全カバーL 各種共通サイズ 熱帯魚 水槽用 ヒーター カバー 関東当日便

価格:570円
(2017/1/25 17:21時点)
感想(48件)



製品名はコトブキの「ヒーター安全カバーL」というブツ。

最近はヒーターカバー付きの新規格のヒーターが主流になっているせいか、選べるヒーターカバーの選択肢が少なくなってしまったように思う。

PC050001.jpg

まあ、カバーなんてのはその役割を果たしてくれればいいわけで、とりあえず一番お手頃なものを選んだ。

そしてこのカバーに入れるのは、予備として手元に残しておいたニッソーのパワーセーフPROの300w。

PC050003.jpg

一世代前のヒーターだがまだまだ余裕で使える。

で、肝心の装着した画像を撮るのを忘れてしまったが、収まり具合はなかなかグッド。ヒーターカバーに付属していたヒーター固定キャップは使用することなく装着できた。

これでとりあえずは一安心。後はジッと寒い冬を耐えるだけだ。

  • よく読まれる記事