いよいよ今年、2016年4月から電力が自由化される。

6db4b8860e01a7f4e6575e4f0073aa88_s.jpg

熱帯魚を飼うとなると、やはり電気代は悩みの種になってくるはず。やれフィルターだのヒーターだのクーラーだの、アクアリウムはやたらと電気を使う趣味だと言われているが、実際問題、その通りかもしれない。モフチョ家でも月々の電気代、特に冬場の電気料金の高さには頭を悩ませているからだ。

そんなところへ来ての電力自由化問題。これは飼育者にとって朗報なのかどうか、早速モフチョはこれを検証してみる事にした。

まず、電力比較サイトなるHPにて、モフチョの住む界隈(関東某所)ではどのようなサービス会社があるかを探してみたのだが、東京電力以外では数社が参入している事を確認。で、どこが一番安かったのかというと、【ENEOSでんき】がダントツだった。

さて、肝心の電気料金は【ENEOSでんき】のサイトに行ってシミュレートをする。検針票を手元に用意しておくとスムーズにシミュレートできる。

まず、トップページから「料金メニュー」をクリックし、ページ下部の「料金シミュレーター」をクリックする。

次に住居タイプと郵便番号を入力するフォームが出てくるので、ここを入力し終えたら「スタート」をクリック。すると、料金メニューと契約アンペアを入力できるようになるので、検針票を元に正しい数字を入力する。そして最後に「年間電気料金最安値を見る」をクリックすると、概ねの料金が表示される。

eneos4.jpg

ちなみに上のシミュレート結果は、モフチョ家の1月分で試算したもの。電気代の高い季節での試算なので参考程度の数値ではあろうが、少なく見積もっても年間で1万円前後は安くなるようなのだ。正直、この差はでかい。

しかも、今申し込むと初月が2000円も割引される「早割」特典が付いてくるので、モフチョは迷うことなく申し込みを済ませた。もちろん、さらに割引となる「2年とくとく割」なるものも付けてだ(笑) 

とまあ、長々と文章で説明するよりも、実際に【ENEOSでんき】のサイトで確認するのが一番手っ取り早いと思う。百聞は一見に如かず、なのだから。

【ENEOSでんき】まとめなくても電気代がおトク!


  • よく読まれる記事