プレコ、クラウンローチ水槽のガラス面にになにやらゴミが付いてると思いきや、なんとそれはチビプレコだった。

PC190005.jpg

10日ぐらい前に卵らしきものは確認していたが、どうせ無精卵だと思ってそのまま放置していたところ、なんとそれが孵っていたようなのだ。

とりあえず確保したのは2匹(後にもう1匹確保)。この水槽には10匹のクラウンローチがいるので、恐らくは大多数の卵やチビはその胃袋に収まってしまったはず(汗) しかしまあ、よくぞ無事に生き残ったと言うべきか、ちょっとこれにはビックリ。

PC190004.jpg

で、慌ててボウルに掬って、このチビ達は小型熱帯魚水槽に移動させる事にした。

考えてみれば、これが今年2回目の産卵だ。前回は全て無精卵で、さらにクラウンローチに全部食べられてしまったのだが、無精卵だったという理由の一つに「血が濃くなった」という大きな理由がある。

というのも、プレコ・クラウンローチ水槽にいるブッシープレコ(ブリスルノーズプレコ)は、今いる個体が2〜3代目ぐらいの個体。元の個体は1995年頃にペアで迎え入れ(このペアは既に死亡)、それがこうして細々と血を繋げているから近親交配もいいところで、こうして産卵はすれども中々受精しないでいた。

久々に孵ったチビプレコ。小型熱帯魚水槽投入後は早くもその姿をくらましてしまったが(笑)、何事も無く元気に成長して欲しいと願っている。


スポンサーリンク

  • おすすめ記事