モフチョ家の主、グリーンアジアアロワナ。全ての水槽を見守るという重職にありながら、登場回数はあまり多くない(汗) そこで、先日のコリドラス同様、上から撮影してみる事にした。

PC140007.jpg

このアロワナがモフチョ家にやってきたのは2001年の2月のこと。もちろん、やってきた当初は金魚に毛が生えた程度の大きさしか無く、当然の事ながら今の風貌とはまるでかけ離れていた。

そして現在の御姿。

PC140009.jpg

水槽を基準に考えると、その体長は約60cmといったところだろうか。恐らくはこれがMAXサイズになるものと思われるが、よくぞここまで成長してくれたもんだと思う。

ところでこのアロワナは、実に慣れている。カメラを向けても動じる事なく悠々と泳ぐ姿なんかは、さすがはヌシといったところ。

もちろんそれだけではなく、腹が減ったのをアピールするとか、話しかけると「ヴー」と鳴いてくれたり(喋っている?)、どことなく意思の疎通が取れているような気にさせるから驚いてしまう。今までいろんな魚を飼った事はあるが、ここまでなつっこい魚は正直、一匹もいなかったんじゃないだろうか。

飼い始めてから4度もの引越を経験し、まさにモフチョ達と人生を共にしてきているグリーンアジアアロワナ。寿命を考えればまだまだ長い付き合いになりそうだし、これからもずっと一緒に暮らしていける事を考えると、まるで我が子のような存在だ。(モフチョ達には子供がいないので尚更・笑)

これからも悠々自適に過ごしてほしいものである。


スポンサーリンク

  • よく読まれる記事