相変わらず成長し続けるレッドライントーピードバルブ。最近、やや底モノ化しているような(汗)



この動画は餌やり直後のもの。現在はキョーリンのひかりクレストディスカスとクリーン赤虫を与えているが、底に落ちたであろう餌を器用についばむ様子が伺える。

さてレッドライントーピードバルブ、早いもので迎え入れてから丸3年が経過した。

P1210015.jpg

P1210011.jpg

迎え入れた当初のサイズは5cm足らず。それが今では12cm前後にまで育ち、とても見応えのある魚になってくれた。

以前も記事にしたと思うが、この魚はとにかく丈夫。俊敏に泳ぎ回る魚なので、その際に何度かスレ傷を負ったことはあったが(今でもたまにある)、ここまで病気らしい病気は何一つしていない。余計な心配をせず飼えるのは何よりの魅力だ。

それと同居人のセルフィンプレコともうまくやっている。

P1210024.jpg

混泳は相性の問題になるだろうが、この環境ではお互いに何も干渉せず、気ままに過ごしているようだ。

まだまだ元気一杯なレッドライントーピードバルブ。意外と長生きする魚なのかも知れない。


スポンサーリンク

  • よく読まれる記事