昨年末に記事にした「気になるpH下降問題はどうなった!?」。今更ではあるが、その続きを…。

PB190017.jpg
新しいpH計で再度計測してみると…

まず、問題となった水換え直後と1週間後に計測した各水槽の数値は以下の通り。()内はその差。

・錦鯉水槽      6.8→5.5 (▲1.3)
・プレコ水槽     7.2→6.5 (▲0.8)
・小型魚水槽     7.1→6.6 (▲0.5)
・クラウンローチ水槽 6.8→4.5 (▲2.3)
・金魚・フナ水槽   7.0→6.8 (▲0.2)
・アロワナ水槽    6.7→3.8 (▲2.9)
・コリドラス水槽   6.5→4.2 (▲2.3)
・メダカ水槽     7.3→7.5 (△0.2)

※第2コリドラス水槽立ち上げ前のもの

錦鯉、クラウンローチ、アロワナ、コリドラスの各水槽は数値が大幅に低下するようになったので、各水槽のろ材の見直しを図った。


・錦鯉水槽→カキ殻追加
・クラウンローチ水槽→パワーハウスハードベーシックM追加
・アロワナ水槽→パワーハウスハードベーシックM追加
・コリドラス水槽→パワーハウスハードベーシックM追加



カキ殻はその効果をすでに体感しているが、パワーハウスのハードタイプのろ材は試験的な意味合いを兼ねての投入となった。

pH下降を抑えるにはカキ殻を投入するのが手っ取り早いが、これには硬度が上がると言った問題がある。

P9090007.jpg
「pH下降を抑える飼育にも適している」と謳い文句にはあるが…>

そうなってしまうと一般的に軟水を好むと言われているコリドラス、クラウンローチ(プレコが同居)、アロワナには使い辛いので、微アルカリ性に水質を傾けると言うパワーハウスのハードタイプのろ材を選択した。

パワーハウス ベーシックハード L袋 (5L) ろ材

価格:3,600円
(2017/2/2 11:16時点)
感想(4件)




で、今度は水換え直後、一週間目、二週間目(水換え直前)の数値を、新しく購入したpH計で測って見る事にした。ちなみに、この計測はろ材追加1ヶ月目に行ったものである。


・錦鯉水槽      6.8→6.8→6.7
・プレコ水槽     7.1→7.1→7.0
・小型魚水槽     7.0→6.8→7.3
・クラウンローチ水槽 7.1→7.3→7.2
・金魚・フナ水槽   7.0→7.1→7.0
・アロワナ水槽    7.2→7.4→7.3
・コリドラス水槽   7.1→7.2→7.1
・メダカ水槽     7.6→8.2→8.1

※この時の水道水のpHは7.2


数値移行の仕方、特に一週目の数値の上がり方に「?」と感じる部分もあったが、これは単なる誤差の範囲のような気もするし、肝心なのは「pHの下降問題」だったわけなので、とりあえずの問題はクリアできたんじゃなかろうか。

これでひとまずは落ち着いたわけだが、前回も書いたように、後はこの数値がどれだけ持続するかが問題となる。

カキ殻はその特性上、使っているうちに少しずつ減ってしまうものなので、半年ないし長くとも一年ぐらいでその効果は薄れてくる。その場合はその都度追加なり交換するようにしている。

一方、パワーハウスの持続性については全く持って未知数である。

単にろ材として使うだけならばかなりの長期間に渡って使えるが、pHコントロールに関しては永久的に効果があるものではないはず。よって、いずれは交換する時期が訪れてしまうのだが、その交換サイクルがあまりにも短いとなると…財布が悲鳴をあげてしまうのは明白だろう(汗) 

ただ、今いる魚達はそれほどpH云々にシビアな魚ではなく、それほど神経質になる必要も無い。仮にpHの変動で体調が崩れてしまうようならば、マメな水換えで対処すれば良いだけの話である。

まあ、その辺の事は魚達の状態を見ながら臨機応変に対応していくつもり。下手に環境をいじくり回すよりも、放置気味にした方が具合が良かったりするからだ(笑)

スポンサーリンク

  • おすすめ記事